上海の公共エリアで無料WiFi(i-Shanghai)サービス開始

2012年7月末から、上海市内の公共エリアで無料WiFiサービス「愛上海」(i-Shanghai)が始まりました。
上海市内では、無料で使えるWiFiがカフェなどをはじめ多数あり、とても便利です。

上海市政府と携帯電話会社(中国移動、中国聯通、中国電信)が提供するサービスで、2012年末までには上海市内主要公共エリア300ヶ所、2013年末には450ヶ所をカバーする予定。

使い方は簡単。中国の携帯電話が必要です。
 (1)携帯またはパソコンで「i-shanghai」の無料WiFiを探し接続。
 (2)ホームページに接続すると登録画面が出るので携帯番号を入力する。
 (3)SMSでパスワードが送られてくるので、登録画面でパスワードを入力する。
 すぐに無料で2時間のインターネットが使用できるようになる。

当初のサービスエリアは以下の通り。
上海南駅、上海駅、十六舗埠頭、吴淞国際郵船埠頭、上海長距離バス駅、外灘、陸家嘴、濱江大道、聯洋大拇指広場、新天地、田子坊、瑞金病院、華東病院、長海病院、市公安局出入境管理局証ビザセンター、静安公園、人民公園、世紀公園、豫園、上海博物館、上海科技館、上海城市計画展示館、浦東図書館、東方体育センター、源深体育館、市政大厦。

その他の無料WiFiサービス情報はコチラで。

 


Still quiet here.sas

Leave a Response