中国の高速鉄道が「チケットレス」サービス始める

昨日、中国のテレビを見ていると、「高速鉄道がチケットレス」になるとニュースでやってました。

ネットで詳しく調べてみると、12月1日から、上海発の高速鉄道2路線で新たに、オンラインでチケットを購入した高速鉄道の利用者は、ICチップが入っている身分証明書を改札で通すだけで乗車できるサービスを始めたとのこと。

北京〜上海間の京滬高速鉄道では、すでに始まってるサービスで、今回は、上海〜南京間の滬寧城際高速鉄道と上海〜杭州間の滬杭城際高速鉄道で、新たに始まったとのこと。これで、上海発の高速鉄道の3路線は全てチケットレスサービスが利用できます。

個人の交通機関の移動までもが記録される時代になるのは、便利な半面、ちょっと怖いというのも正直なところですね。これからの時代は、そういった事が当たり前という前提で生活をしていく事が必要で、個人の情報管理スキルが重要な時代でもあります。


Still quiet here.sas

Leave a Response